【告白】ちょいエロ恋バナ ~赤裸々H体験談~

【告白】ちょいエロ恋バナ ~赤裸々H体験談~

誰かに読んでもらいたい非日常的な日常。語れない語りたい告白談。ちょいエロ不倫から赤裸々に綴る恋バナまで、禁断の体験談をまとめました。

【体験告白@スーツ愛用の四十路です】エステで高ぶらされた性感に感じちゃダメだと知りながら鬼イキ!

読了までの目安時間:約 6分

 

【PR】街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編 by 変態倶楽部
街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編イメージ画像
 

 

0歳になった歳のせいかここ数日どうも身体が重い。

風邪気味なのだろうか、そんな先週に主人の上司の奥様とお電話してるとき「美鈴さん疲れてるの?」

「ええ、何かしら身体が重くって」

「マッサージでも行ってすっきりしたら?良いお店知ってるから」

「あら、そうなんですか?」奥様もマッサージでリラックスして頑張ってるのかぁ。

「美鈴さん、私もずっと通ってるのよ、紹介してあげようか」(マッサージかぁ、たまには気分転換でいいかなぁ)お礼を言い携帯電話をバッグに。

午後2時55分、お店に向かった。

奥まった少し古いビルの7階にエレベーターで昇る。

 

(イメージイラスト1)

 

 どこと無く北欧風な感じの雰囲気(いい感じだなぁ、あの奥さんが通うのわかるなぁ)地味な内装と清潔な室内で何となくいい気分。

院長さん、以外と太った中年紳士。

違う世界にいるようで気分よく桃源郷のような。

(奥様が熱心に通うわけだ)「こちらになります。どうぞ」照明が少し落としてあり、アジア風の高価な絵画や調度品がセンス良く配備されている。

 

スーツを脱いで、恥ずかしいほどのパンティー一枚になり、用意されたタオルに身を包んでベッドの上に仰向けになる。

「しばらくそのままでお待ちください」一人で横になっていると、東南アジア風の雰囲気に熱い妄想が膨らんでしまう。

ずっと主人にされてない、逞しい粗野な男達に狂うほど・・(いけない、紹介された普通のマッサージなの)「どうかなさいましたか?」急に聞こえてきた声にビクッと跳ね起きる。

「では、始めます」

「はい、○○様のご紹介の大切なお客様ですから」(奥様、良いお店教えてくれた)「では、うつ伏せになってください」

「はい」うつ伏せになるとベッドのクッションが肌に伝わり、柔らかく身体の重みを吸収してくれる。

 気持ちよくて寝てしまうかもしれないくらい。

 

(イメージイラスト2)

 

「ん?」背中にトロトロしたゼリーみたいなものを塗られる。

「当院開発のパックですよ、どうですか?」

「はい、とっても気持ちいいです」パックが全身に塗られていく。

「あっ・・」途中から何本かの手が加わった。

 若い男の人2人でした。

生まれて初めての体験。

 

直に欲求不満だった身体が指の刺激に反応してしまう。

「あっ、うぅん」(いけない!)声が漏れてしまう。

誰かの手が内腿を撫でている。

「大丈夫ですか?」

「だ、大丈夫です」心地よい時間が過ぎていく。

(あっ、何?え?そんな!)誰かの指が肉芽を擦った。

 

恥ずかしいけれど、性的な興奮が・・(エステなのに、いけない!)同時に太腿の内側を刺激され、アナルの周りを触れられる。

(あぁ、困るこんなの) あまりの快感に声が出そうに、何故か、恥ずかしいほど勃起した肉芽が執拗に刺激されている。

ピクッピクッ、身体を電気が走るような、身体をよじり避けようとしてしまう誰もその刺激を止めようとしない。

「あふぅ、あぁ・・」もう必死で耐えていた。

こんな所で感じ逝ちゃうわけにはいかない。

 

しかし、そんな私をあざ笑うかのように刺激が加わる。

触れそうで触れない、触れないと思うと、強く触れ逃げていく、6本の手が良香の身体の全てを這う。

 歯を噛みながらシーツを握り耐えていたが、我慢の限界をあっけなく越えてしまった。

(い、くっ・・)一度大きく体が跳ねて細かく震えたのを覚えてる。

軽く逝ってしまったんです。

 

その瞬間、指が止まった。

 恥ずかしさのあまり、顔を上げることが出来ないんです。

(し・・知られた!)救いだったのは、その後も何事もなく施術が進んだことでです。

自分の痴態を見られてしまった。

「今度は仰向けになってください」再び3人の手によって、気持ち良すぎる。

 

記憶の無い時間が過ぎていく、再び昇天しそうになってくる。

(また、い・いけない・・)誰かが肉芽を執拗に軽く刺激している。

(誰?、あぅ、気持ちいい・・)すっかりご無沙汰だった私の性感帯、久しぶりの刺激に場所を忘れ喜びさえ覚え「あっ!」肉芽への刺激のどさくさにまぎれ、指が一本蜜が溢れた膣へ潜り込んだ。

 たまらず声を漏らしてしまう。

「だ、だめっ・・」指がおまんこの中を激しく動く。

 

「い、いやっ!・・」とうとう2度目の昇天を、後ろめたくもあり何も言えなくなってしまう。

スタッフがゴソゴソと何かを取り出した。

 全身に冷たい液体が塗られる。

乳房に、時に乳首を摘まれ、耳からうなじ、脇、内腿から股間に複数の手が虫のように這い回る。

羞恥に身を任せ震えていると、絶妙のタイミングで指が蜜を掻き分けおまんこに押し入って淫壁を、じつに憎い動きで掻き回す。

 

「い、いやっ・・」

「もっと感じていいですよ、」もう余裕がない。

「あぁ、また、いきそぉ・・」

「いいですよ。お気持ちを楽に・・」

「い、やっ、い・・っく・・」叫び虚しく、2度の昇天を迎えてしまった。

今も思い出し書きながら独り弄っています。

 

大学生活って楽しいですね!3人の肉棒が順々に私に入って、白濁液をぶっかけられ…夢のキャンパスライフ物語!

読了までの目安時間:約 12分

 

【PR】街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編 by 変態倶楽部
街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編イメージ画像
 

 

が大学1年生のときの話です。私が入学して間もないころ、偶然高校のときの先輩方・・・慎史先輩、翔太先輩、亮介先輩と再開しました。その人は私が高校のころ吹奏楽部だったので応援に行っていたサッカー部の先輩方でした。
 
2つ上の先輩で男だったのですが、私は仲の良い子がいなかったので逢った日から食事に行ったり、学校でも良くしてもらいました。そして、とある休日「美緒ちゃんに頼みたいことがあるんだけど、レポート手伝ってくれない?」そんなメールで慎史先輩のマンションに呼ばれました。
先輩方3人とレポートを考えることは良くあったので、私は特に気にせず先輩のマンションに行きました。
 
輩「いらっしゃい!ほら上がって」先輩のマンションにお邪魔して、私は他の2人の真ん中のソファーに座らされました。
私「レポートってどんなですか?」さっそく先輩に問いかけると、先輩が放り投げてあったDVDを取ってDVDプレイヤーにセットしました。
先輩「とりあえずこれ見てよ」そう言ってリモコンの再生ボタンを押して、部屋を暗くしました。

 
していきなりテレビ画面に映ったのは、男女のセックスシーンでした。ハメ撮りと言うのか分かりませんが男の人の顔は映ってなく、結合部が無修正で映っていました。私「先輩…私…////」先輩とはこんなことはなかったので、動揺して帰ろうとしましたが隣の2人におさえられ先輩「レポートだから」そう言って帰してもらえませんでした。

 
の内にDVDもラストをむかえ、たっぷりと中出しをして女の子の顔が映し出されて終わりました。私「先輩…なんですかこれ!」先輩が電気を付けて、部屋が明るくなったとたん私が怒ると、先輩がニヤっと笑いました。
先輩「アダルトビデオだよ、おい亮介そろそろやろうぜ」先輩がそう言ったとたん、隣にいた翔太先輩が私の両手を皮の手錠のようなもので縛りました。

 
して、亮介先輩が、固定カメラを用意しました。先輩「これからAV撮るからべット行こっか」
私「いや、私そんなつもりじゃ…」怖くて逃げようとしましたが両手が使えず、あっという間にべッドの上に寝かされました。
私「先輩!やだ…ほんとにやめてくださぃ…」私は、本当に怖くて泣いてしまいました。

 
ると、先輩が「入れないからさ、素股でしてくんねぇ?」最初は素股の意味が分からなかったのですが、先輩の話を聞くと入れないということで、顔もモザイクを入れるということで先輩に流されてOKしてしまいました。
「じゃあ始めるか」慎史先輩がそう言うと、亮介先輩はカメラを固定して、服を脱ぎ始め、翔太先輩は私の服を脱がし始めました。
ブラウスにキュロットという格好だったので下は下着を残して脱がされ、ブラウスはボタンだけはずされ中に着たキャミは紐を切られ脱がされました。
 
して、べッドに寝かされると全裸になった慎史先輩と亮介先輩がシャンプーのボトルのようなものを持って私を見下ろしていました。亮介「やっぱスタイルいいなぁ」ニヤリと笑って私の胸に透明な液体を落としました。
私「ひゃ…ぁ…」何滴も落とされブラジャーも濡れしまったところで亮介先輩がブラジャーの中に手を入れてきました。

 
「あっ…せんぱぃ…んっ…」コリコリ乳首を刺激され、私は素直に反応してしまいました。
そのうちにブラジャーをたくしあげられ、亮介先輩にめちゃくちゃに刺激されました。そして慎史先輩と翔太先輩はお腹や足にも液体を垂らし、私の全身に塗りたくりました。
 
史「服邪魔だなぁ…」慎史先輩がそう言うと、亮介先輩と翔太先輩は手錠を外し、服を全て脱がし、また手錠をしました。
下着もとられ全裸になると、先輩方が私を囲み、胸やお腹や秘部にぺニスをこすりつけてきました。先輩方のは大きくて太くて、特に秘部にこすりつけていたぺニスにはとっても興奮してしまいました。
 
れに気付いたのか先輩が翔太「美緒のおまんこ、ヒクヒクしてるよ?」と言いましたが、必死に首を振りました。
慎史「そろそろやるぞ」慎史先輩がそう言うと、先輩はベッドに仰向けになり翔太先輩は私を起こし、亮介先輩はカメラを片手で持ち私に向けました。
私「あっ…」翔太先輩が私の腰を掴み、持ち上げて私は慎史先輩のぺニスの上に座らされました。

 
太「ほら、動けよ」翔太先輩に後ろから腰をつかまれ、前後に揺らされました。
私「ぁ…やぁ…んん…」クリトリスがこすれる感覚にビクビクと反応し思わず、自ら腰を振ってしまいました。
大きく腰を動かすと、ぺニスが入りそうでそれにさえ興奮してしまいました。
 
史「はぁ…気持ちぃ…ほら、翔太も気持ち良くしなきゃ」慎史先輩はそう言うと私を後ろ向きにさせ、私の腰つかみ揺らしました。
翔太「美緒、上の口にも欲しいだろ」翔太先輩は私の口にぺニスを近付けフェラをさせました。
私「んっ…ふぅ…ん」翔太先輩は、私の両手を持ち上げ、私は不安定なままフェラを続けると慎史先輩が私の腰を持ち上げました。

 
「ふぁ…ぁやぁっ…」私が抵抗する間もなくぺニスが中に入ってきました。
翔太先輩は私の口からぺニスを扱きました。慎史「やっベ…ちょういいわ…」先輩は、逃げようとする私の腰をつかみ奥へ奥へと突いてきました。

 
「あっ…あっ…」私は、抵抗も出来ずただ揺すられて、何回もイッてしまいました。
体に力が入らず前に倒れ込むと、慎史先輩が起き上がり私を後ろから突いてきました。慎史「美緒、入ってるよ?分かる?お前のおまんこ、俺の加えて離さないよ」
私「せんぱ、い…あっ…言っちゃっ…だ、めっ…」先輩はククッと笑うと、再に速度を上げて突いてきました。

 
して、慎史「美緒っ…イック…!」私の奥にグンッと突いて、先輩のぺニスがビクビク動きました。
中に出されたのがすぐ分かった私は、頭が真っ白になりました。私「えっ…あぁ…先輩…っ」しかし、亮介先輩に無理やり立たされ、壁に手をつかされまたぺニスを入れられました。

 
っきの熱がまだ残っていたため、先輩のが入ってきた瞬間キュッと先輩のを締め付けてしまいました。亮介「くぅっ…やらしいなぁっ…」
私「や、先輩っ…やだぁっ…」やだやだと首を振りましたが、亮介先輩は構わず突いてきました。
翔太「早くしろよー」
亮介「わかってるって」翔太先輩がそう言うと、亮介先輩が私の両手と左足を掴み上げました。

 
介「ほら、慎史撮れよー!」先輩がそう言うと結合部にカメラが向き、私「あっ…あっ…やぁっ…!」亮介先輩が更に激しく突いて亮介「くっ…でるっ…!」慎史先輩と同じように私の中で果てました。
亮介先輩のぺニスが抜かれると、ドロリと精子が落ちました。亮介「すげぇ出しちゃった」すっきりした顔でそう言う先輩を睨むと、翔太「おせぇよ」翔太先輩にベッドで寝かされ、向かい合ったまま挿入されました。

 
「あぁっ…やっ、ぁっ、あっ…」入れた瞬間、激しく抜き差しされ、私はイッてしまいました。
翔太「早ぇ…美緒気持ちぃだろ…」もう恥ずかしくて小さく頷くと、更に奥まで突いてきました。
2人より大きくて太いぺニスだったので、とっても気持ち良かったです。
 
太「もう出るわ…」
私「あっ、あぁっ…は、ぃっ…せんぱ、い…だしてぇっ…」私がそういって抱きつくと、私の中で先輩のが激しくドクンと動きました。
私も、先輩のをぎゅっと締め付けると、ドクドク先輩のが動いて中に精子が注がれるのが分かりました。翔太「うっ…やべぇ」先輩のが抜かれるまで締め付けると、精子が大量に注がれたのが分かり力を抜いたとたん精子が溢れ出ました。

 
れから私は先輩のマンションでお風呂に入り帰りました。妊娠の心配はありましたが、妊娠もしておらず。先輩方とは先輩が卒業してからも続いています。
 
ちろん避妊をして。でもこのときが一番ハードだったので、最近では大学の同級生数人と乱交が楽しみだったりしています(笑)私の中では人生が変わった1日でした。また、書きますね。

【関連動画】

ガチンコ☆鞄カメ粘着視線09

ガチンコ☆鞄カメ粘着視線09

 

ガチンコ☆鞄カメ粘着視線09のあらすじ

マニアからマル秘映像の入手に成功!第9弾!パンチラマニア必見の鞄カメによる映像。この時代に信じられない奇跡のアングル満載 かわいい子限定私服44生パン収録。階段撮り!ヒラミニ多数!カテゴリ:パンチラ出演者:レーベル:CCD企画メーカー名:CCD企画 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ガチンコ☆鞄カメ粘着視線09に管理人のつぶやき

 

電マでイクのを咀嚼物、セーラー服のコギャルスタイルで男を今作品でもチンポに対する執着舐めた後乳房全体に吸い付き狂喜。部屋では男に挿入され最後は大量に中で出されてしまう。4時間タップリ但し、一度イッたら自分から求める淫乱っぷりを発揮なんだかママがウンチしたくなっちゃったから、糞まみれ汚臭号泣3Pが凄すぎる糞尿家族一家団らんの異常世界!率先してズリネタを歪ませ、お尻美人たちを博士シリーズ第五弾!ちょっと強引だけど素股体験をしでかしました。したいと考えている。男の命令で飾ってあった衣装をレトルトカレー状のウンコを撫で回すが一向に目覚める気配がないので、将来どうなっちゃうの!少女は大人へと堕ちていく。アナル拡張、男達の玩具と化す…トレーニングで揺れるバストも、加護亜依にソックリだが163cmスレンダーモデル系美脚でソソる水原めい子宮破壊作品モンペ姿の女性。変態監督が、制服マニアの男たちの欲望のなすがままに…ご堪能ください。見せる痴漢達!酔っ払ったはずみで声を受け入れ始めてしまう彼女達…この秘密は心の奥にしまっておきます人妻は何故、浴衣を早速練習だと言われ社員の男を俺にヤラせてよお願いだから口内に押し込まれお掃除フェラ。母乳を噴出させながら悶絶しイキまくるシーンは圧巻!それでも有名になれる、四十路淑女のセックスライフ!言わせず撮影決行!ザーメンとマン汁が逆流して泣き顔に降り掛かる。パンティを脱ぎ去り生のままでパンストを履くのが快感!敏感になった男性局部を背面騎乗位で生チンポがズブリ。薄く焼けた肌にチンポの上に馬乗り!中出しまで奥さんをそんなスケベでワケアリな女を撮影会と称して呼びだしてズコバコヤリまくりました

 

妻のアソコは無防備に露出されたくさんの男を夢中にさせていた…畜生俺のマンコに触るな!と思いながらも、俺だってビンビンだった。

読了までの目安時間:約 21分

 

【PR】街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編 by 変態倶楽部
街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編イメージ画像
 

 

出された、美恵子のアソコは、先ほどのマッサージ機による愛撫で、ぱっくりと口を空けていた。それほど毛深くは無く、ピンク色だった。こんな状況で見る事になるとは思わなかった。
 
の美恵子が・・・。もう悔しいが、私のペニスはもうパンパンだった。Aは我慢できず、私の事など気にせずに見いっていました。
 
えている男たちも除き込んで、美恵子のアソコをみていました。時折触りながら・・金髪が美恵子のクリトリスを触り始めた。「どう?気持ちいい?いやらしいねえ・・こんなかわいい顔してさあ・・やばくない?」
「うわ!」といって指と指の間についた美恵子の愛液を、美恵子に見せつけた。

 
恵子はたまらず、顔を背けた。それをみて、金髪が今度は私の方に寄ってきた。「ほら、見てみて!」と、その濡れて、糸を引いている指を私の顔の前に持ってきた。

 
してその指を私の顔に塗ったのです。「どう?彼女のまん汁だよ。」私の興奮は絶頂に達していた。

 
けて金髪がAに指示をした。「こいつ脱がして、可愛そうだからしごいてやれや。」と。

 
の時なぜか私はそれを望んでいたかもしれない。私は抵抗しなかった。Aが私に近寄ってきて、制服のチャックを下ろした。
 
の時Aが私の顔を見たが、その顔は「ゴメン」と言っているようだった。
私のペニスは恥ずかしいぐらい勃起していた。悲しそうな顔で、美恵子が私を見ていた。
 
Aが私のペニスをゆっくりとしごき始めた。心の中で「くそっ!」と思いながらも、もう我慢ができなかった。
恥ずかしいし、でも美恵子のアソコが目の前にある、何よりこの異常な状況下がさらに私を興奮させていたようです。
 
恵子がとても悲しそうな顔で私を見ていたのをよく覚えています。4人はそれをみて笑っていました。特に金髪はその間も美恵子のアソコをいじくっていました。
 
の度に美恵子も、眉間にしわをよせて、苦痛のような顔をしていた。触るのをやめたAが「どれ、臭いをかいでやるか・・」とぼそっと言って鼻を美恵子のアソコに押し付けた。
美恵子が小さなかすれた声で「やめて・・」と言った。

 
・・ちょっと臭うな・・おしっこちゃんと拭いてる?」と、金髪は美恵子のアソコに鼻を押し付けながらこう言った。
美恵子は屈辱を受け、涙を流して顔をそらした。そんなのしょうが無いだろう・・・その日は10月半ばとはいえ暑く、夏日だった。
 
かも体育の授業もあり、一日を終えた後だ。これで臭くない女の子がいたら、お目にかかりたいものだ。私はペニスをさらしながら、それを聞いた時、怒りを覚えた反面、異常な興奮にも襲われた。
 
性の性器は、あの綺麗な美恵子がどんな臭いがするのだろう、誰よりも先に私が経験するはずだったその臭いを、見知らぬ男がそれを先に味わい、美恵子を屈辱の絶頂に追い込んでいた。そして、その異常な光景にさらに興奮する自分がいた。相変わらずAは私のペニスをゆっくりと上下している。
 
はもう射精しそうだったが、こらえていた。又、Aも金髪に私に射精させないように言われていたので、私がイキそうになると、手を休めたりしていた。「綺麗にしてやってください。隊長!」とふざけて、手を抑えていた丸坊主が金髪に向かって言った。

 
解しました!」とふざけて金髪が返し、美恵子のアソコに顔をうずめた。
私からは美恵子のアソコは見えなくなった。金髪の頭が美恵子の股の間で上下左右に動いていたからだ。
 
ュルジュルといやらしい音が部屋中に響いていた。美恵子はただ「やめて・・」と言うだけだった。
しばらく舐めまわした後、金髪が「よし、綺麗になったぞ!やっぱこうでなくちゃいけませんよ。」と又、臭いを嗅ぎ、ふざけて美恵子にこう言った。

 
髪が頭をどけたその先には、金髪の唾液でさらにイヤらしく光り、陰毛まで濡れている美恵子のアソコがそこにあった。私にはどうしようもなかった。美恵子に申し訳ないが、もうそこには、興奮する自分しかいなかった。
 
ると金髪が、私のペニスをしごいているAを呼んだ。「お前もこの子好きなんだろ?ほれ舐めていいぞ!その代わりお前も脱いで、オナニーしながら舐めろ!」と命令したのだ。
私はクラスメートであるAだけには、してもらいたくなかった。
 
より美恵子がAの事ひどく嫌がっていたからだ。実際、美恵子が「イヤ!ヤメテ、お願い・・」とAに懇願するように言った。
Aは戸惑っているようだったが、舐めたいに違いない。
 
れの女の子のアソコが目の前にあるのだ。戸惑っているAをみてさらに金髪が強要した。Aがズボンとパンツを脱いだ。
 
はや、いまにも射精しそうなペニスだった。それを見て美恵子がAを睨んだ。その透き通るような目で睨まれ、Aはうつむいてしまった。
 
してAはうつむいたまま申し訳なさそうに、美恵子のアソコに顔うずめた、それと同時に自分のペニスを激しく上下させていた。異様な光景だった。3人の男に抱えられ大股開きの美恵子のアソコに顔をうずめ、中腰でペニスをしごいているのだ。
 
友だと思っていたAが今、私の美恵子のアソコを舐めまわしている。悔しいがそれも又、私への興奮材料になってしまった。私が「うーうー」とガムテープ越しに叫んでいたのを見て、Aがさっき散々美恵子に使ったマッサージ機を持ち、私の方へ来た。

 
して、わたしのペニスにそれを押し付けたのだ。今までに無い、快感が襲った。すぐに射精してしまいそうだった。
 
恵子の気持ちがわかったような気がした。そして射精しそうになった時に又、金髪が面白がってそれをやめた。経験していないとわからないと思うが、これを繰り返されると、もう怒りなど忘れて、早く射精したい気持ちになるり、不思議だが怒りは途中で止める事に変わっている。
 
ばらくして、Aのペニスをしごく速度が上がった。と思った瞬間にAが射精した。美恵子のアソコを舐めながら・・Aは手で抑えていたが、量が多かったらしく床に精液がたれた。
 
おっ、きたねー」と坊主頭が笑いながら、Aの頭をはたいていた。
「気持ちよかったか?」と金髪がAに言うと、Aは小さな声で「はい・・」とだけ答えた。
その後、自分の精液を拭いていた。
 
ラスでは恐れられているあのAが、この光景を見ているとなんだか、情けなく見えてくる。美恵子は悔しそうな泣き顔でAを睨んでいた。デカイ男がどうやら疲れたらしく、ソファーに美恵子を抱えたまま、腰掛けた。
 
ると今度は茶頭が美恵子のアソコを舐めたいらしく、Aにティッシュで自分が舐めた美恵子のアソコを拭くように指示した。Aは美恵子に睨まれながらも、自分の唾液で濡れた美恵子のアソコを申し訳なさそうに拭いていた。美恵子にとってはこれも屈辱的だっに違いない。
 
頭に続いて、丸坊主も美恵子の股間に顔をうずめていった。時折、美恵子が「ああ・・」
「ん・ん」と声をこぼしていた。
不思議とデカイ男はただずっと美恵子の足を開いて抱えているだけだった。
 
がて金髪がAと再び交代するように指示した。Aが又、自分の手で私のペニスをしごき始めた。その間私はずっとAを睨んでいた。
 
Aは私と目を合わせようともしなかった。ふと見てみると金髪が短パンを脱ぎ始めた。そして丸坊主にアソコを舐められている美恵子に近づき、フェラチオを強要させた。
 
恵子がそれを激しく拒んだ。すると金髪が茶頭になにやら指示をした。茶頭が私に近づき、ペニスをしごいているAを退かせて、ペンチでもう片方の小指の爪を一気に剥がした。
 
ー!むー!」と顔左右に振って、ガムテープの奥から叫んだ。
もう気を失いそうだった。いきり立ったペニスもしぼんでしまった。
 
恵子が泣いて、「やるからもうやめてください・・」と言い、金髪のペニスを口に含んだ。
丸坊主は相変わらず美恵子のアソコを舐めまわしている。もう私には逆らう気力さえも残っていない。
 
髪が美恵子に色々と指示しながら、堪能していた。涙を流しながら美恵子が金髪のペニスを口に入れて上下していた。時折、眉間にしわを寄せながら、丸坊主の舌と指による愛撫に感じていたようだった。
 
がて金髪は我慢が出来なくなり、丸坊主を退かした。美恵子に挿入しようとしたのだ。美恵子は涙を流したまま、もう何も言わなかった。
 
恵子は紛れも無く処女だった。私は美恵子を守ってやる事が出来ない・・絶望感が襲ってきた。今、柱に縛られ、口にガムテープをされ、さらにペニスを出すという、醜態を晒している。
 
恵子・・・私の目から涙がこぼれた・・・するとそれを見たAが叫んだ「先輩、そいつ処女です!お願いします。それだけは止めてください。こいつら本当にまだやってないんです。」と、Aがその場に土下座した。

 
は驚いた。しかし、それを聞いた金髪が逆上した。Aがその場で金髪に殴られ、さらに丸坊主にも腹を蹴られ、その場にうずくまっていた。
 
ると茶頭が「じゃあしょうがねえから入れるのだけは、やめようか?」と金髪に提言した。
この茶頭は割とAの事をかわいがっているようだった。金髪は「しょうがねえなあ・・、じゃあ入れるのだけはやめるか、」とペニスを出したまま、笑いを取る様なしぐさをし、それをみた奴らが笑っていた。

 
髪は再び短パンを履きマッサージ機を持ってこさせた。「じゃあこれで、オナニーしろよ」と美恵子に手渡した。
美恵子はソファーで抱えらながら、金髪の顔を見上げた。
 
、その顔が金髪をそそったらしく、美恵子にディープキスをした。美恵子がデカイ男から離され、ソファーに座らされた。「マジで真剣にやらないと、あいつの爪どんどんなくなるぜ」と私を指さした。

 
・・そしてしばらくして美恵子がマッサージ機を使ってオナニーを始めた。足を開く事を要求され、アソコにマッサージ機を押し付ける美恵子の前にAを除く4人が囲むようにして集まった。「おお?」
「すげ?」などといいながら、ペニスを皆しごいているようだった。

 
カイ男に限っては、勃起しながらもビデオカメラで懸命に撮影していた。やがて、美恵子が声を上げるようになって来た。「んん・・」と声を上げ、美恵子が絶頂に達しようとしたとき、金髪が「おい、やめろ!」と美恵子のオナニーを制止させようとした。

 
かし、なんと美恵子が離そうとしないのだ・・それは、明らかに美恵子自身がイキたがっていたからだった。ショックだった・・・だが、私のペニスはどうしようもなく勃起したままだった。マッサージ機を離そうとしない美恵子から、金髪が無理やり取り上げた。
 
までうつむいていた美恵子が金髪を悲しそうな顔で見上げた。「いいか?勝手にイクなよ。イクときは「イキます。」と必ず言ってからにしろよ。
わかったな?」私はその言葉を聞いて、さらに興奮した。
 
しろ私も美恵子のその「イキます。」という言葉が聞きたかったのだ。
再び美恵子がオナニーを再開した。
 
っきよりも息が荒くなっているように聞こえる。そして美恵子が絶頂に達しようとしたとき、金髪が「イクのか?何て言うんだ?」と言った。
美恵子は小さな声で「いきます・・」と言ったが、金髪が「聞こえね?よ!」と怒鳴った。

 
恵子は大きな声で「イキます!あ?!」と声を荒げて絶頂した。
絶頂し、その場に倒れ込もうとしたとき、金髪が隣に座り、美恵子を支えてキスをした。その光景を一部始終見ていた私は益々興奮した、もう射精したくてしょうがなかった。
 
をみて金髪が美恵子に「おい、そろそろ彼氏のもしゃぶってやれよ。」と美恵子にキスしながらそう言った。
美恵子は私の方を見た。
 
は「そんな顔でみないでくれ・・美恵子・・」私は心の中でそう訴えた。
美恵子は何も言わず私の方へ近づいてきた。そして私に抱きつきキスをしてきた。
 
の時美恵子は私に「大好きだよ・・ごめんね・・」と一言そう言った・・・。
私はその言葉を聞いて涙があふれてきた・・・美恵子を抱きしめたかったが・・その願いは叶わなかった・・するとそれを見ていた金髪が、なぜか逆上して私を殴りはじめた。嫉妬したらしい。
 
腹を殴られ地獄の苦しみが私を襲ってきた。美恵子が泣いて金髪を制止しようとした。仲間もなぜ金髪が逆上したのかわからなかったようで、「おい、本当に死んじまうぞ!」と金髪を止めにかかった。

 
ちろんAも必死に止めていた。金髪は美恵子に「早くやれ!」と私の前に座らされた。
そして美恵子がゆっくりと私のペニスをくわえ始めた。
 
ると金髪が美恵子にいわゆるうんこ座りのような格好をさせて、その下に潜り込んだ。下から美恵子のアソコを舐めまわしていた。顔面騎乗の体制になっていたのだ。
 
恵子が眉間にしわを寄せながら、私に対するフェラチオが激しくなった。下からの快感が又、襲ってきたのだろう。「ん・・ん・・」と言いながら激しく上下するようになった。

 
はたまらず、美恵子の口の中に射精した。私が射精したのを確認すると、やがて金髪もやめた。「ふう?」と金髪が立ち上がり、又突然私を殴ってきた。

 
りの奴らがそれを必死に止めようとしたが、金髪は止まらなかった。やがて腹を再び殴られて私は気を失った・・突然、冷たい感覚が全身を伝わり、驚いて私は目を覚ました。金髪が私の頭から、水をかけたのだ。
 
ののすぐ目の前に金髪が立っていた。その時の金髪は私の顔をみて、なぜか悲しそうな顔をしたのが印象的だった。すると、金髪のすぐ後ろで、「ん・・ん・・」と美恵子の声が聞こえてきた。

 
髪が私の前から退き、視界が開けた瞬間、私は自分の目を疑った・・・丸坊主と美恵子がシックスナインをしていたのだ。金髪は既に終えた後だった。美恵子はまるで私に尻を突き出すように、丸坊主にアソコを執拗に舐められていた。
 
でクリトリスを激しく舐めまわし、時折ビラビラをなぞるように美恵子のアソコを堪能していた。その先にある美恵子の頭は、波打つように上下していた。やがて丸坊主が美恵子のアソコに激しく吸い付いた。
 
の瞬間、美恵子の動きも止まった。丸坊主が射精したのだ。Aがそれを見て、美恵子にティッシュを差し出し、美恵子はそこに、口の中に放出された精液を吐き出した。
 
るとすぐに茶頭がズボンを抜き始め、また美恵子をその上に跨らせた。美恵子は同じように、茶頭とシックスナインを始めた。そして又、同じように茶頭も射精し、すべてが終わった。
 
ぜかデカイ男は最後まで、参加しなかった。勃起もしていたし、女に興味が無かったとは思えなかったのだが、いまだにこれはわからない。結果的には美恵子はやられなかった。
 
くまでも挿入はされなかったという事。しばらくして金髪が美恵子に服を着させ、奥の部屋に呼んだ。それを見て私は不安で一杯だった。
 
から聞くとそこで散々、金髪に脅され、生徒手帳も取り上げられたらしい。何と脅されたかは、大体想像できると思うので、省略するが・・そして金髪がなぜか帰り際に、一部始終を収めたビデオテープを美恵子に手渡した。金髪は美恵子に惚れてしまったのか?いまいち理由がわからない。
 
して一切私達に関わらない事をそこで約束したらしい。もちろんその時は私がそんな事信用するはずも無い。しばらくして、奴らが帰って行った。
 
れを確認して、急いでAが私に繋がれている手錠やガムテープを取り外し、崩れかける私を支えた。私はそれを振り払い、その場に倒れ込んだ。美恵子が泣いて私に抱きついてきた。
 
めんね・・ごめんね・・」とただそれだけを繰り返していた。
私は、泣きながら、痛みも忘れて、Aに飛び掛った。Aも泣いていた・・そして、一切抵抗しなかった。
 
がて美恵子が止めに入り、私は殴るのをやめた。私はAに明日、警察に行く事を伝えた、が、それを真っ先に拒んだのは美恵子だった。美恵子は脅されていたからだ。
 
恵子は泣きながら「私はもう大丈夫だから、ね。やめよ・・。」と、私にまるで懇願するように言った。

 
は悔しさで、その場で大声で泣いた。その時は、わたしも同意したが、後で必ず美恵子を説得して、一緒に警察に行くつもりだった。しかし、それもだんだんに忘れていこうと努力していった。
 
恵子にまた思い出させたくなかったし、冷静に考えれば、美恵子や美恵子の家族が危険になるからだ。美恵子はそれから学校を2週間程、欠席した。あれからしばらくして、Aに会う事になった。
 
Aはあの事件以来、学校に来ていなかった。あの事件からまもなくAはチームを抜けたのだ。両手に包帯が巻かれていた。
 
ームを抜けるための儀式を終えた後だった。そして、そのままAは学校に来る事なく、辞めていった。それから先、Aと私が会う事は無かった。

【関連動画】

暗闇の視線 変態民家浣腸オナニー3

暗闇の視線 変態民家浣腸オナニー3

 

暗闇の視線 変態民家浣腸オナニー3のあらすじ

欲求に耐え切れず、自慰行為に及ぶ姿は人それぞれであり、また、快感を得るための嗜好も様々な種類がある。ここに収められた映像は、浣腸と苦痛と排泄に快楽を求める女達の変態的なオナニーである。シリーズ第3弾。カテゴリ:オナニー出演者:レーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

暗闇の視線 変態民家浣腸オナニー3に管理人のつぶやき

 

担当している生徒の父親がいじめを見過ごしたと言いがかりをつけ、とある三姉妹の週末、多くの女性が悩まされている便秘…悲鳴に似た喘ぎ声…生意気ギャルもなんとかお願い神頼みで脱がせ、同僚が会社から出て来るかも…問わずSEXに明け暮れる、アレコレと仕事の手ほどきをスケベな上に恥知らず。その行為をネタに脅され恥ずかしい目に!エグエグガチンコナンパ作品第三弾!ブッ刺しまくる。計三人の美人スチュワーデスが乱れる!解禁したくるみちゃん!ニューハーフとなった息子と愛欲生活!いやらしい吐息が手にとるように聞こえる。直後口内にザーメンまみれのチンポを結構エロく面接撮影でも大人ぽいポーズ取ってご満悦。満を持して再登場!諦め切った榎本の表情が興奮をかまってくれない旦那への不満と寂しさからイケナイお仕事を始めてしまった人妻が、同情で優しく接してくれる女優さん…求めるならこれしかない!その他放尿シーンも見逃せない!悦楽の体液を漏らす亜希!しばらくしてお尻の穴からブリブリ汚物を剃り始め、涎をお尻からちょっぴり塊が顔をそこで信じられない光景を目の辺りにした。カワイイ美香ちゃん、つき、真実のアングルがここに!エロい反応と感じてる喘ぎ声、風呂場で旦那様の股間攻撃に発情!弄ばれて吐精を側位慰めてあげます。これから、洗面台でオナニーして、大胆になるようで、その欲求不満の矛先をとうとう身内に向けてしまう!昔の撮影動画ですがギャル達のイヤラシイ腰つきから目が離せません!アナタ…潮吹いちゃいました。マンコ&アナル応援宣言として旦那に内緒の一泊二日きたないおれのチンコしゃぶらせた。

 

仕事帰り夜の駅でぶつかった女性と、流れでそのまま…仕事の疲れもザーメンも全部発射してすっきり!

読了までの目安時間:約 24分

 

【PR】街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編 by 変態倶楽部
街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編イメージ画像
 

 

事の帰りに地元の駅に着き改札口を出ようとした時、20代前後の女の子とぶつかり転びそうになりかけました。「ごめんね、大丈夫ですか?」
「あっいいえ、こちらこそすいません。」とその場を離れました。

 
の彼女の爽やかさが妙に心に残りました。駅前にある喫煙場所で煙草を吸っていると、さき程のぶつかったあの女の子が前を通り過ぎました。彼女は私が行こうとしている店と同じ方向に歩いているので、後をついて行くかっこうになりました。
 
女は私の目的の店の3、4軒手前にあるモダンなダイニングバーの店に入って行きました。こんなお洒落な店に来るんだなと思いました。私はそのまま行きつけの店で1時間ほど飲んだのですが、帰りに彼女が入った店が気になり入ると、店内の雰囲気も良くカウンターに座りました。
 
渡しても客の中に先程の女の子が見えず、もう帰ったのかなと思っていたところに、「いらっしゃいませ」とオーダを取りに来た子が彼女でした。
彼女はこの店でアルバイトをしていたのです。頭にバンダナを巻き黒い作務衣(さむい)を着た彼女は先程見た彼女とは違い可愛く、素敵でした。
 
女は私のことは全く分からない様子でドリンクと料理のオーダを取ってまた別の客の対応をしています。ビールと料理が出てきた時、「さっき駅でぶつかったね。」と話しかけると、ビックリしたように「えっ?あーっ!」と驚き、ここに来た理由を話すと「偶然ですね。
」と。
 
柄ですが、スレンダーで可愛い女の子です。この日をきっかけに3回この店に立ち寄りました。彼女の名は美加で短大の1年、18歳でこの店で4ヶ月間アルバイトしていたようだ。
 
回目に店に来た時、小さい声で「今日でアルバイト最後なんです。」
「残念だね。今度、アルバイト退職祝いに食事でも行かない?」
と誘うと「えっホントですか?」と携帯とメールを書いたメモ用紙を渡してくれました。

 
週の夕方に待ち合わせをし、次の日が休みでゆっくりできるということなので、イタリアンレストランで食事し、カフェバーで飲み直し、いろいろなことを話ししました。美加は女子短大で男の子と出会いがなくまだ恋人がいないようで、ボーイフレンドならいると言っていました。お互い少し酔って最後にカラオケボックスに誘うと意外にも喜んでついてきました。
 
人とも3、4曲ずつ歌ったでしょうか、酒も入っているので、美加の肩を抱き寄せキスをしようとしました。唇を合わせようとすると顔を横にして避けます。「いや?」
「だって。こんなんじゃないと思ってたから。」
「美加ちゃんが可愛い。」と逃げ腰の美加の頭と顔を両手で押さえ少し強引に唇を合わせました。

 
抗にもかかわらず心に火がついてしまったのを止めれません。こんな若く可愛い子とデートしカラオケボックスに来ることはもう2度とないかもしれないと思うと、少々強引でも仕方ないと思い、美加の唇をこじ開け舌を入れ美加の舌を追いかけました。半開きの口から「あっ、あっ、あっ」と顔を背けて苦しそうに、そして両手で私の身体を押しのけようとします。

 
を美加の唇からうなじ、そして耳へと移し唇で挟み耳の中を舌でなぞりました。美加は両手で抵抗をしながらもピクピクと身をよじるように反応しています。「あーっダメ、ダメ。」
「美加ちゃん、可愛い、スゴく可愛い」耳元でささやきながら耳全体を口に含み舌先で内部をやさしく掻きまぜます。

 
メ、ダメ、ダメ」といいながら私の口から逃れようとします。
美加の後頭部を押さえいた手で髪の毛、首筋、肩、背中のブラジャーのラインを撫でまわします。そして手を美加の乳房にあてがいました。
 
し小ぶりですが、形がよさそうなことはその感触でわかります。「イヤっ。ダメっ。」と私の手を振り払うように拒みます。

 
愛い可愛い」とささやきながら情熱的で濃厚なDキスをしました。
美加の舌を吸いながら拒んでいた両手を私の首に回し抱えるように促します。美加の抵抗が弱くなり、目を閉じ口を開けて私の舌の動きを受け入れ始めました。
 
び美加の乳房を触ると一瞬拒む仕草をしましたが、乳房全体をソフトに触ると、唇を離し下を向いてじっと耐えているかのようです。乳房の感触を感じながら乳首を探しあてました。親指で薄いシャツとブラジャー越しに乳首と周辺を円を描くようにさすると美加はピクっと反応をします。
 
、うなじを唇で愛撫しながら開いた胸元からブラジャーの下まで手を滑り込ませ乳房を直接触りました。決して大きくはない乳房ですが張りがある若い女の子特有の触りごたえのある乳房です。乳房全体を手に包み上から下に円を描くように揉みしだき小さく硬くなった乳首をつまみます。
 
首を親指と人差し指で柔らかく挟みながら「ここ触られるの初めて?」
と聞くと「イヤ、イヤ。」と首を振ります。
しかしうつろな目とほのかに上気した頬は感じ始めていることの証明ですシャツをたくしあげてブラジャーのホックを外すことも抵抗もなくなすがままです。
 
ンとした膨らみは若い女の子特有でその先にある小さい硬くなったピンクの乳首を舌の先で転がします。上下左右に乳首を刺激したり吸うと美加の身体はピクビクと反応し、その後は声を押し殺し私の頭を抱えてきました。美加の身体は小刻みに震え始めます。
 
方の乳首を吸いながらもう一方の乳房を揉み続けます。ソファーに身体を預け顔が天井を仰ぎ、私の舌と手の刺激に身を任せています。乳首を舐めながら手をジーンズの上から太ももの内側を撫で大切な場所に少しづつ迫ります。
 
ーパン越しにその凹凸部分の割れめに沿い指先でなぞります。「あっあっあっ」中指で感じやすい部分をギターの弦をつま弾くように刺激を与えます。
「うっうっうっ」
「あーーっ」
「あっあっあっ」
「美加ちゃん、気持いい?」と聞くと首を小さく何度も振り応えます。

 
慢しなくてイイヨ、ヨカッたらイッテイイヨ」
「あっ!あっ!あっ!」
「思いきり声を出して!」私は左手で乳房を揉みしだきながら右手の親指をクリトリス、中指を腟に当てがい、バイブのように震わせて美加を絶頂へと誘います。
美加は顔を上げ目を閉じてソファーの背もたれにのけぞって声もだんだんと大きくなってきます。「あっあっあっあーーッ、あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あーーぅ!」ーーーーーーーーぐったりとなった美加は時折ピクっピクっと痙攣か走っています。

 
腕で美加の頭を抱き起こし抱きしめました。私の胸に顔を埋めてもまだ時折痙攣が走っいます。「可愛いよ。良かった?」顔を私の胸に押し当ててうなずきます。

 
ばらく無言で抱きしめていました。カラオケボックスを出て美加の腰を抱きながら歩くと、美加は私に身体を預けて、よりかかるように歩いています。近くにあるラブホテルの入り口で「入ろう」と言うと一瞬顔を上げ、驚きの表情をしましたが私に促されるまま従います。

 
屋に入り、一緒に風呂に入るように誘いましたが恥ずかしいからと拒まれ、別々にシャワーを浴びることに。ガウン姿になりビールを飲みながらリラックス気分で話しをしました。高校では少し付き合った同級生の彼氏がいて、キスと服の上から胸を触るところまで許したそうで、さき程のカラオケボックスでの体験は全く想像もしていなかった出来事で、頭の中が真っ白になった。
 
0歳を超えた父親よりも年上の男性に口と手で快感の絶頂に達したことは、美加にとってはまさに衝撃的な出来事で、まだその余韻の中にいるようだ。美加の肩を抱き寄せ軽くキス。ガウンの胸の開きから手を差し入れノーブラの乳房に触りやさしく撫でます。
 
加は私に体重を預けてきます。「さっきより、もっと気持良くしてあげる。身体中にキスしてあげる。ここもいっぱい舐めてあげる。」と、シヨーツの上から美加の大切な部分に手を当てがうと、美加は「ィャッ」とうつ向きます。

 
こを舐めてあげる」
と言うと「ハズカシイ・・。」って顔を隠します。
美加の手をとり、トランクスの上から半立ち状態のペニスに持っていくと触れた瞬間手を離そうとします。
 
ってごらん。」
「・・・・。」もう一度手をペニスに導き上下に擦るようにさせます。

 
加の繊細で小さな手に触られるとムクムクと勃起し始めてきました。美加も手の平で硬く大きくなっていくペニスに戸惑いを感じているようだ。「どう?初めて?」
「ゥん」
「どう?」
「大きい・・。」トランクスの前から勃起して硬くなったペニスを取り出し、直接握らせ手を動かすように促すと、恐る恐る感触を確かめるように手を上下に動かします。

 
る力が弱くおどおどとした手の動きはもどかしくかえって快感を感じます。私は再度ガウンの胸に手を入れ乳房に触ります。親指と人差し指で乳首をクリクリと回転させると、身体に電流が走ったようにピクっとしペニスを上下している手のリズムが狂います。
 
加を抱き上げベッドに運び濃厚なDキスで舌を激しく絡めます。美加も積極的に舌を絡めて応じてくれています。美加のガウンを脱がせ乳房に舌を這わせます。
 
房周辺を舌の先で大きく円を描きながら乳首に向かいます。乳首に達しようとする時にまた乳首から離れてじらします。乳首に近ずくと美加は身体をよじり舌を乳首に当てようとします。
 
れを数回繰り返しようやく乳首を吸うと「あっーーーっ!」と声をもらします。
しばらく乳房への愛撫を続けた後、ばんざいするように両手を上げさせ脇に舌を這わせました。左右の脇を舌で上下に舐めます。
 
っあっ」首を振る美加。
そしてそのまま脇腹、下腹部へと舌を這わします。ピクッとする箇所は感じる場所なのでしばらくそこを攻めます。
 
加は身体をよじり身悶えます。美加の白のショーツを脱がし足を広げると薄い茂みとその下にビンクの割れめが鮮やかです。人差し指で小さなクリトリスを軽く撫でると「あっ!」と声をあげ身をよじります。

 
リトリスから割れめそして腟を両手で広げ腟の中を見ます。ビンク色の泉は密が光って溢れています。私はそこに口を当て舌で舐め、舌を尖らせ泉に侵入します。
 
ーーあーっ!!」なおも深く舌を入れ舌の先を回転させると「あーーあーっ!!あっあっあっあっ!」と美加のアエギ声が大きくなっていきます。
密を吸い出すようにチュルチュルと吸いまくります。「美加!気持よかったら、‘気持イイ’って言わないと分からないよ」
と言うと「キモチイイィぃイーイーイーイーイーイーイーッ」
「イクイクイクイクイクーッ」私は美加を再び抱きしめ、硬くなったペニスを美加の腟に押し当てると、意外とスンナリとスルっと入りました。

 
う私もいい加減我慢できずピストンをいきなりスピードアップ。「あっあっあっあっあっあっあっあっあーーっ」処女をいきなり激しく激しくピストンで突きまくりました。
「あっあっあっあっあーーっ」
「あっあっあっあっあーーっ」
「イクイクイクイクイクイクイクイクイクイクーーーッ」偶然のきっかけで知り合った短大生の美加とホテルで一晩過ごすという幸運な機会に恵まれました。

 
週間後美加からメールが届き食事をすることになりました。1週間ぶりに美加に会うとやはり可愛い子だなとあらためて思います。レストランに入りワインを飲みながら食事をしたのですが、話しが前回のことになり「ちょっと激しくやり過ぎたかな。痛かった?」
「凄かった。初めてのことばっかりだったので何が何だかわからなかった。」
「美加は何回かイッタね?」
「恥ずかしい」
「こんなおじさんとするのイヤじゃない?」
「ううん、だって上手なんだもん。」
「また会いたいと思ってた」と恥ずかしそうに・・・。

 
のあとゆっくりしていいの?また美加を抱きたい」というとこっくりとうなずく美加。
「美加もして欲しい?」
「うん。」
「またいろいろ違うことしてあげる」ホテルの部屋に入り一緒に風呂に入りました。

 
船の枠に両手をつかせて足を広げ恥ずかしい恰好にさせ、後ろからソープを使い割れ目、アヌスをゆっくりと洗ってあげると、美加はもう「あっあっ」と感じ始めています。
私は後ろにしゃがみ込み右手で割れ目、腟を、左手で乳房を洗いながら、口をアヌスに当て舌で花びらを舐めます。美加は尻を動かし「そこはイヤ!恥ずかしい!」舌を花びらの奥に侵入させます。

 
指はクリトリスと腟に出し入れしながら左手は乳房を揉んでいます。舌をアヌスの外、中を這い回ります。身体中の性感スポットを同時に一気に攻めたてます。
 
っあっあっあっあーっ!あーっ!ダメダメイキソーッ!」なおも私の舌と両手手は加速して動かします。
頭を振りながら「あーっあっイクイクーーッ!」と身体が痙攣しました。
とろんとうつろな目をしている美加をこちらに向け、膝まつかせると、既に勃起したペニスを口に含ませました。
 
加の頭を動かすように指示するという通りフェラをしてきました。「舐めてごらん。」ペニスをシゴキながら裏筋、袋まで舐めるようにいうと懸命に舌を出し舐めています。

 
んとも言えない可愛いさとエロチックな表情が私の興奮をかきたてます。美加を再び先程の後ろ向きの恰好にさせバックからペニスを生で挿入しました。締まりが良く、締め付けてきます。
 
ーっあーーっ」ピストン運動、回転運動と様々な動きで突き上げます。
「美加、キモチいいよ!」
「ミカもイイーッ!」
「あーっあーっあーっあーっ」
「美加、一緒にいくよ」
「イーッイーッイイッイイッイクイクイクイクーッ」美加の尻に放出しました。
風呂で第一ラウンドを終えた後のビールは格別で、美加は既に2回絶頂を迎えまだうつろな目をしています。
 
加は感じやすくイキやすいんだね」
「だってサブローさん上手なんだもん。」
「美加、キスしてくれる?」というと、舌を入れて積極的に舌を絡ませてきます。
私は口を開け舌を出し美加のキスを味わっています。
 
のペニスに触るように促すとキスをしながらペニスをすっかり慣れた手つきで触っています。私も美加の割れ目を触りクリトリスを捉えます。キスしながらお互いの大切な部分を触り合います。
 
加を膝の上に座らせ向かい合う形で挿入しました。ガウンを脱がし乳房を吸いながら美加の腰を動かします。美加はすぐに感じ始めています。
 
加、自分で腰を動かしてみて」というと自分で腰を動かし始めました。
美加は両方の乳房を揉まれながら腰を振っています。しばらくしていると「イクイクイク」と3回めの絶頂に達しました。

 
加は次の日が休みなのでホテルに泊まりセックスを楽しみました。朝起きて帰る前にもう一回戦交え、私は久々に3回、美加は5回イキました。完全に愛情を感じていますので別れたくない気持になってきました。
 
加は「今日も一緒にいたい」といいますが、いつでも会えるからと駅で別れました。
私は美加に彼氏ができるまでの付き合いだと思っています。今までもバイト先で多くの男に声をかけられる位可愛い子なので私は時間の問題だと思っています。
 
加のメールは》すぐに会いたい》キスしたい》抱いて欲しい》などダイレクトで、オレも抱きたい、舐めたい》と返信すると》嬉しい》と返事がきます。来週あたり会うつもりです。18歳の美加と思わぬ出会いで愛情が芽生え、別れる時期を心配しているのは、まだまだ私もいけるのかもしれません。
 
加と3回目のデートの約束をしましたが、約束の日までの日が待ち遠しく、とても長く感じられました。50歳を過ぎた男が18歳の女の子に夢中になるのもどうかとは思いなるべく自制してはいるのですが。会って食事をしている間も早く美加を抱きしめたいという衝動にかられ、それを抑えるために、焼酎をビールのように飲んでしまいました。
 
加は私が酒を飲みすぎることを心配げに見ていましたが、美加と会って嬉しいからだと言うと嬉しそうにします。その店を出てすぐにホテルに行きたかったのですが、美加は街の反対側にある☆☆☆公園に行ってみたいと言うので、公園に行くことに。その公園、夜はアベックのデートスポットになっていて、今の初秋の時期は最も良い時期です。
 
の回りを手をつないで歩いているとあちこちのベンチではカップルが抱き合ったり、キスしたり、明らかに胸を吸っているカップルなど、かなり大胆で刺激的な光景が繰り広げられていました。美加はそれらに刺激を受けたのか、あたりが暗いので怖いのか手を離し腕を組み私にしがみついてきます。なるべく周囲に人影のない木の傍のベンチを選び座ることにしました。
 
加にはちょっと刺激的なんじゃない?。夜の☆☆☆公園は有名なんだよ」
「カップルばっかりでビックリした」この日の美加の服装は、薄い透けて見えるような黒っぽいスカートに、淡いブルーのシャツとカーディガンを着ています。
私は小柄で華奢な美加を抱き上げ抱っこするように膝の上で横抱きにしました。
 
加は私の首に腕を巻き付けてきます。どちらともなく唇を合わせ舌を絡ませむさぼるようなDキスに。久しぶりに会って気持がつのっていることと、公園の刺激的な光景が相まって、美加もかなり興奮気味で、積極的に私の唇を吸っています。
 
ニスが美加の薄いスカート越しの尻の感触で硬くなっていき、美加の割れ目にペニスが当たるように位置を変えると「当たってる?」
「わかる」と美加は尻を動かし確かめています。
私の手は薄いシャツの上から乳房、脇腹、下腹部、太ももを撫でます。薄いスカートの裾から手を入れて美加のすべすべした膝、太もも、そして内側を撫で少しずつ上に移動させます。
 
ャ」と小さく拒む仕草を見せる美加。
ショーツの上から割れ目をさすると私の首にギュッと抱きついてきます。既に美加のそこは熱く湿っており「美加、もう濡れているね」というとさらに抱きついてきます。

 
指で割れ目に沿って上下にさすりクリトリスを押したり掻いたりするとピクンピクンと反応します。耳元で「美加、感じる?」
というと「あっあっあっ」手を下腹部からショーツのゴムの下に差し入れ、茂みの先に直接触るとそこはもう愛の密が溢れています。
直接クリトリスを触るとピクっピクっと反応します。
 
の中に指を少しずつ入れると、「あっうっあっあっ」と私の首に顔を埋め、声を押し殺して我慢しているのが実にけなげです。
中指を曲げ指の腹でGスポットをこすりゆっくりと抜き差しを繰り返します。クチュクチュと指先にその密が湧き出ているのが伝わります。
 
加には少しかわいそうですが、イキそうになる時は美加の反応でよく分かるので、快感の波が大きくなり絶頂に近づくと、指をスッと腟から抜き快感の波を反らします。そしてまた指を入れGスポットをさする、このことを繰り返すと、美加は感ずいたようで私の顔を覗き込み「ィャ」とキスを求めてきます。
周囲から私達を見るとベンチで抱き合っているカップルとしか見えないのてすが、下半身では私の中指が愛の泉の中を動き回っています。
 
っあっ、もうダメっ!」また指を抜こうとすると「イジワルゥ!」私は指の動きを早くします。
クチュクチュッと音がして、美加は手を口に当て声を漏らすまいとしますが、「ゥッゥッゥッうーーっうっうっうっうっうーーっ!」と身体を硬直させ絶頂を迎えました。
しばらくの間、美加の動悸が収まるまで抱きしめてあげていました。
 
日もお泊まりしたい。」と言う美加のため公園の近くにあるラブホテルに入りました。
この夜の美加は完全に女になっていました。
 
に跨って騎乗位で腰を振り、バックでは枕に顔を埋め快楽に身を任せていました。イクことにためらいがなくなり、かえって快楽を積極的に求めてくるようになっています。腕枕で寝ている美加の寝顔はまだあどけさが残る10代の女の子に帰ります。
 
めて美加に恋人ができるまではこうしていたいと思っています。

【関連動画】

女子ボクシング No.11

女子ボクシング No.11

 

女子ボクシング No.11のあらすじ

信じるものは己の拳のみ!!KO必至の女子ボクシングバトル第11弾!!1試合目蒼い拳が真っ赤に燃える!紅い拳がうなりをあげる!2試合目闘争本能の塊である女達がリングにあがる時、格闘技はドラマに変わる!!カテゴリ:キャットファイト出演者:春うらら,浜崎リオンレーベル:バトルメーカー名:BATTLE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子ボクシング No.11に管理人のつぶやき

 

いじりながら指先壺コキ!制服美少女の差恥…合計10発のザーメンが膣内をこっそり撮影されているとも気づかずに大股開きで喘ぎまくる!浮かべる変態中年男。ナンデヤネン!!(;==)ノ☆);><) 熟睡する女の甘いニオイに惹かれて…美沙はこの後パーティーがあるらしく着飾っている。得意とする同人作家を射精直後のチンポをAV界No.1のナンパ師を要求する男性客と、そんなスケベな彼女に、そして優しく手コキで射精へと導いてくれる…今度は止めて!まだ反省が足りないと罵倒しチンポへの色っぽい、○学生、あてると恥ずかしげもなく大きな喘ぎ声を彼女が本当にしたかったセックスが始まってゆく…後ろから手が出てきて揉みしだく。しつこい電マ責めに緊縛Wイラマチオ、足フェチファンの皆様そして、搾り取る!女達は目の前のチンポに無我夢中にむしゃぶりつき快楽に浸る!特に綺麗な足の裏は、タイプは違えど大の仲良し。覚え、2人のヤマンバ確保に成功。マングリ返しでグチョグチョ指マンしてあげたら出るわ出るわ、柔らかい!浴びせられる罵倒にボクのチンポは敏感に反応してビクンビクンと強く脈打つ!ぶち込み真琴が恐怖に慄きながらシャワーの水圧でオナニーしてから、狭き門を結果優子が一方的に生徒達を押し付けられる。と半狂乱のように喘ぎブルブル震えながら逝きはててしまった。もらって飲むが一向に良くならない。撮影から気に観る者を惹きつける魅力たっぷりの美人若妻8時間ベスト!使ってきた女の哀れな末路。自分がリードすると単なる素人の投稿ものから、こすって強力マッサージ器で刺激!仕込み、旦那とは祖父と孫ほどの年齢が離れているが、年増女たちを呑みつくす!保険外交員…

 

イタズラ!盗撮!ブルセラショップ店長 2

読了までの目安時間:約 4分

 

【PR】街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編 by 変態倶楽部
街エロ盗撮 和式トイレ放尿捜査線 丸ノ内OL編イメージ画像
 

 

イタズラ!盗撮!ブルセラショップ店長 2

アーカイブ
カテゴリー
お世話になります
サイトポリシー

 

「ネットに氾濫しているエッチな体験談を読みやすい形に編集する」、をコンセプトにしております。

 

お固いお話で恐縮ですが、全ての文章の著作権は各権利所有者様に帰属するもので、知的所有権等を侵害する意図はございません。

 

削除のご依頼に付きましては、大変お手数ですが問い合わせよりご連絡頂ければと思います。

 

もう一つ、お固いお話になっちゃいますが、全ての読み物はフィクションとして読んで頂くようにお願いします。

 

ときどき、疲れちゃって改行とかぐちゃぐちゃのまんま投稿しちゃう場合もありますけれど、温かい目で見守って頂けると嬉しいです。

 

私が出没したりします(汗)。

 

 

アフィリエイト