【告白】ちょいエロ恋バナ ~赤裸々H体験談~

【告白】ちょいエロ恋バナ ~赤裸々H体験談~

誰かに読んでもらいたい非日常的な日常。語れない語りたい告白談。ちょいエロ不倫から赤裸々に綴る恋バナまで、禁断の体験談をまとめました。

【初めてのガチイキアクメ】旦那しかしらない清楚妻だったのに※四十路OLの職場不倫体験談

読了までの目安時間:約 9分

 

【PR】「これ、私がいつも使ってるボールペン。」
「これ、私がいつも使ってるボールペン。」のイメージ画像
M男系無修正SM老舗
 

 

は、20歳で主人と知り合い、25歳で結婚するまで主人以外の男性を知らないことになっています。
 

実際、遅咲きですが主人と知り合うまで、他の男性とセックスしたことがなく、主人が初めての男性でした。
 

主人と知り合う前は、キスや胸を触られるくらいまでの関係に進んだことがある男性も2人ほどいましたが、奥手すぎる私は、素直に男性を受け入れられるほど気持ちを許せませんでした。
 

ですから、Aさんと知り合うまでは、本当に主人以外の男性とセックスをしたことが無かったのです。
 

Aさんは、私が働いている職場に出入りする、運送屋会社の運転手さんで、背も180cmくらいあり、お話も楽しくて、とても魅力的な私より3歳年下の男性です。

 

【初めてのガチイキアクメ】旦那しかしらない清楚妻だったのに※四十路OLの職場不倫体験談(イメージイラスト1)

 

そんな彼ですから、私の会社の若い女の子達にも人気があり、既婚者の私には縁の無い人だと感じていました。
 

ある時、配達の荷物を持ってAさんが窓口にやってきました。
 

受付の子がいないらしく、私が荷物の引き取りをしました。
 

さらに、その日はホワイトデーで、突然彼からプレゼントらしき小さな包みを戴きました。
 

Aさんとは、荷物の受け取りで何度かお話ししたことがある程度だったので驚きましたが、彼は何も言わず、ただニッコリ笑って去っていきました。

 

戴いた包みを更衣室で開けてみると、おしゃれなピンクのブラとパンティが入っており、「前から気になっていました、良ければ連絡下さい。」とメモ書きがあり、そこには彼の携帯番号が書いてありました。
 

3日後、私を家に1人置いて、バイク好きの主人は、友達と1泊2日のツーリングに出かけてしまいました。
 

前日に、たまたま小さなことで主人と喧嘩した後だったので、前から気になっていた、優しい笑顔のAさんがいとおしく思い、Aさんの携帯に電話をかけてしまいました。
 

最初は、緊張してお互いギクシャクした会話でしたが、すぐに盛り上がり、30分くらい会話している内に、ドライブにいこうと誘われました。

 

【初めてのガチイキアクメ】旦那しかしらない清楚妻だったのに※四十路OLの職場不倫体験談(イメージイラスト2)

 

私も、「主人1人で仲間と遊びに行っているのだから、私だって楽しまなきゃ・・」という気持ちで、Aさんの誘いを受け、1時間後に迎えに来てもらいました。
 

Aさんは、私を湖や色々なところへ連れて行ってくれ、その間の車中は大変楽しく、会話も盛り上がり、夕食をご馳走になった後自宅に送ってくれました。
 

そして別れ際、突然抱きしめられキスをされました。
 

私は嬉しさの反面、一瞬主人の顔を思い出し、「結婚してるし、こんなこと駄目だよ。」とAさんに言いましたが、Aさんは「旦那さんがいることは承知している。
 
でも、なおみさんのことが好きでたまらない。」と再び抱きしめられ、ディープキスをされました。

 

初ちょっと抵抗しましたが、彼の舌が私の口に入ってきたのと、強く抱きしめられたおかげで、急に感じてしまい、あそこもジュンと濡れてくるのが分かりました。
 

自宅の前だったので、近所の人目も考え、私から「ホテルへ行こう。」と言いました。
 

ホテルでシャワーを浴びた後、下着姿で彼がバスルームから出るのをベッドの中で待ちました。
 

もちろん、彼からプレゼントされたピンクの下着です。

 

私は、こうなることを期待して、この下着を着ていたのかもしれません。
 

彼は、バスルームから出てきて、私の下着に気付き、「俺のプレゼントしたやつだね。」と喜んでいました。
 

Aさんは、私にディープキスした後、下着を脱がせてくれました。
 

パンティをおろされたときは、本当に恥ずかしかったのですが、彼は「綺麗だね。」と言ってアソコを舐めてくれました。

 

私は、主人以外の男性にアソコを見られるのはもちろん、舐められるなんて思いもしなかったので、すごく感じてしまいました。
 

主人の舐めかたとは全く違い、頭の先まで真っ白になる感じでした。
 

音を立てながら、クリトリスを吸われたとき、私は「あ~、すごい、いく~!」と声を出しながら達してしまいました。
 

達した後は、私自身の歯止めが効かなくなり、Aさんのペニスをまさぐるようにしごき、そして頬ずりしました。
 

初めて見る、主人以外のペニスでした。

 

Aさんは身長も大きいせいか、それに比例するようにペニスも太く、そして長いのです。
 

反りかたもすごく、勃起した硬さも格好も、興奮が絶頂の私には素晴らしいペニスに思えてなりませんでした。
 

興奮していた私は、彼の勃起したペニスを何のためらいもなく口に含みました。
 

先の割れ目からは、甘酸っぱい露がたくさん溢れていました。
 

それを私は、舌先ですくい取り、唇と手を使い上下にしごきました。

 

のペニスは太くて長いので、両手で握りしめました。
 

亀頭も大きいため、私は顎の感覚が少し麻痺してきて、彼のペニスは私の唾液と彼自身の甘酸っぱい露で、グチュグチュとイヤらしい音が部屋中に響きました。
 

その音に私は一層興奮し、夢中で彼のペニスを舐め回し、しごき続けました。
 

するとAさんは突然「あっ、いきそう。」と声を出し、私の口に射精してしまいました。

 

その量はすごく、何とか亀頭をくわえ、唇から溢れないようにしていたのですが、口からこぼれてしまいました。
 

主人以外の男性の精液は、すごく濃厚で、ましてAさんの精液ということで味わって飲み込みました。
 

タマタマの袋に、口に入りきらずこぼれた精液がべっとり付いてましたが、もったいなかったので舌先ですくい、そして袋もペニスも口で綺麗にしてあげました。
 

その間Aさんは、「うっ、あ~っ」と腰を引いたりしてましたが、それがかえって可愛く思えて、結局ペニスの根本から精液を唇で絞り出すように吸い出しました。
 

そこからのAさんは激しく、ペニスが勃起したままで、バックからしたり、正常位や私が上になったりと、朝までセックスしました。

 

部屋に備え付けのコンドームを使い切ってしまったため、その後に彼がイクときは、口の中や胸、そして顔にかけてもらったりしました。
 

私自身は、朝までに何回イッたか分からないくらいでした。
 

仮眠をするときも、彼の上に乗り、アソコにペニスを入れていたくらいです。
 

翌朝ホテルから出るとき、2人とも腰がフラフラでした。
 

彼に車で送ってもらう途中も、私から積極的にズボンのチャックからペニスを出し、しごいたりフェラチオしたりしました。

 

彼とは、その後3回ほど会ってセックスしました。
 

一応、主人とは上手くいってますが、現在もAさんからお誘いの電話があります。
 

これから暖かくなり、主人もツーリングに出かけるので、早くチャンスが来ないかと楽しみです。
 

もちろん、主人には内緒ですし、逆にAさんとセックスした後は、何故か主人に優しくなれるのです。
 

 
 

【40歳 人妻の告白】控え目タイプと思われていますが大人のおもちゃ無しでは感じられないんです♪

読了までの目安時間:約 9分

 

【PR】「これ、私がいつも使ってるボールペン。」
「これ、私がいつも使ってるボールペン。」のイメージ画像
M男系無修正SM老舗
 

 

は40歳の主婦です。
 

33歳で結婚し、持病のせいで妊娠できずに6歳年上の主人と二人で暮らしています。
 

私は物心ついてから、ずっと「地味」
 
「生真面目」
 
「無趣味」と言われてきました。
 

主人と奇跡的に知り合い、24歳で初めてのお付き合いをしましたが、世の中の年齢的な流れに沿うような感じで、特に特別な感情を抱くことは無く、流れとして初めてを奉げたような感じになりました。
 

しかし、それからしばらくしてSEXにはまってしまいましたが、そういう時に限って、彼氏(今の主人)は仕事で忙しく、2週間に1度会えればいい方でした。

 

【40歳 人妻の告白】控え目タイプと思われていますが大人のおもちゃ無しでは感じられないんです♪(イメージイラスト1)

 

かと言って、他の方を見つける勇気もなく、私は通販でおもちゃを買い、1人で色々と試してみるのが、習慣になってしまうくらいになっていました。
 

それでも、彼氏にはおもちゃの事を言えずにいました。
 

ある時、当時の私の職場の同僚と一緒に出張でビジネスホテルに泊まった時でした。
 

他の人はどのようなSEXをしているのか、好奇心があり、ビデオカードをわざわざ買って、部屋で一人で見ていました。
 

すると、その中で、男性がおもちゃを使って、女性を責めているシーンに目が奪われました。

 

おもちゃは一人で使うものだという認識があったのですが、おもちゃでも言葉でも責められている女性の恍惚な表情を見ていると、私まで興奮してしまい、カバンにしまってあった、バイブを取り出して慰めていました。
 

それから私は想像の中で男性に言葉でも責められることを想像しながら一人で慰めていました。
 

数年が経って、29歳の時でした。
 

なかなかプロポーズをしてくれない彼氏に少し嫌気がさして、友達に相談すると、一人の男性を紹介してくれました。
 

彼は私よりも3歳年下ですが、かなりしっかりしていて、会話するとこちらの至らなさに恥ずかしくなってしまうくらいでした。

 

【40歳 人妻の告白】控え目タイプと思われていますが大人のおもちゃ無しでは感じられないんです♪(イメージイラスト2)

 

私は彼氏の事を話したにも関わらず、何度かお会いし、ほとんど無理やり誘い込まれるような感じで、彼と大人の関係になっていました。
 

会わないと決めても、彼から誘われると断れない自分もいて、私は初めて人を好きになっている事を自覚しました。
 

そんな彼と少し飲んだ後に、いわゆるおもちゃ屋さんに連れて行ってもらった時でした。
 

私は興味ないような素振りをしていましたが、彼は私に軽いスキンシップを取りながら、色々と物色していました。
 

内心、そんなの買わなくても、うちにあるのに・・と思っていました。

 

小のバイブをそれぞれ1本とローター3つにリモコンバイブを彼は買って、レジで電池も買っていました。
 

それから彼は駅のトイレに入り、彼の行きつけの店の個室で二人で隣り合って飲んでいました。
 

飲んでいたのは30分もなく、彼は私に濃厚なキスをしてきて、私の体に軽く触れてから、スカートの中に手を入れてきました。
 

私は先ほどのおもちゃ屋さんで少し興奮していたのか、彼の指がすんなりと私の中に入ってきました。
 

軽く耳を噛まれたり、厭らしい事を言われたりしながら、私は敏感な部分や中を愛撫されていました。

 

そして、彼はいつの間にか手に取っていたリモコンバイブを私の中に入れてきて、パンストとショーツの間に受信機を仕込みました。
 

その後、彼は私の服を肌蹴ようとしましたが、私は恥ずかしがって、店を出たいと言うと、テーブルでの会計をしてくれましたが、その間はもちろん私の中で暴れているものがありました。
 

お店を出てからも、私は基本的には距離を取って歩くのですが、その時は彼の腕にしがみつくようにしていました。
 

彼はわざとゆっくりと歩いたり、人が多い所では、勢いを強めたりしていました。
 

でも、私は嫌ではなく、彼に「気持ちいい?」と小声で聞かれたときも頷いてしまいました。

 

彼氏とはこんな辱めを受けるような事をしたことはなく、SEXをする前には必ずシャワーも浴びます。
 

ところが、その時は我慢できなくなった私はホテルの部屋に入ると、すぐに横になり、彼が服を脱がしていくのを、何の抵抗もなく受け入れていました。
 

それから、私はしばらく買ってきたおもちゃと言葉で責めたてられ、全身が軽く痙攣し始めた頃に、彼も服を脱ぎ、やっと私はそれを口に含むことが出来ました。
 

彼の指先が肩に触れただけでも、自分でも異常だと思うくらい反応してしまい、自分の体じゃないような感覚に陥った頃に、彼が私の中に入ってきました。
 

それだけで、私の頭の中が真っ白になり、記憶もほとんどないのですが、体は記憶していました。

 

気付いたら、朝になっていました。
 

起き上がろうとしましたが、まだ痙攣が完全には収まっておらず、それどころか、私の体はシーツが擦れるだけでも、反応してしまうのでした。
 

彼が起きる前にやっとの思いで浴室でシャワーを浴び始めましたが、今度はシャワーが私の体を責めたてていて、私は膝から崩れ落ちてしまいました。
 

しばらくしてから、彼が来て、私の体を後ろから支えるようにして立たせて、シャワーで私の感じるところを刺激してきて、私は朝のシャワーだけでもたくさんいかされてしまいました。
 

浴室で膝を付いて彼の求めに応じて、彼のを咥えている時でも、シャワーを掛けられると手を離してしまうほどでした。

 

ャワーから出て、彼に体を拭かれてそのままベッドに行くと、彼が再び私の体に覆いかぶさってきて、SEXが始まりました。
 

朝になって、また記憶を失くし、気づいた時には、服を着た彼が私の頬を叩いて、起こしてくれた時でした。
 

シャワーの勢いを弱めで浴びても、私はとめどなく濡れてしまう体になっていました。
 

やっとの思いで服を着て、歩いても服が擦れるだけで感じて、彼を見てしまうのです。
 

ファーストフードで朝ご飯を食べ、そこから駅までの間もどうして良いのか分かりませんでした。

 

私はそれを最後に彼に会うのを止めようと思いましたが、いつものように一人で慰めている時に、体が彼の余韻を表に出してくるのです。
 

そして、彼氏では物足りなくなっていました。
 

2週間くらい彼と連絡を我慢して取らなかったのですが、とうとう私の方から彼に連絡を取ってしまい、抱かれてしまうのです。
 

その時、私は彼に買ってもらったおもちゃと自分で買ったおもちゃの両方を持っていきました。
 

彼は私が持っているおもちゃの多さに驚いていましたが、毎回それをいくつか使い、私を責めたてた後にSEXをするようになりました。

 

それから3年ちょっとが過ぎた頃、彼氏にプロポーズをされ、裕福な家庭に入りました。
 

 
 

アーカイブ
カテゴリー
お世話になります
サイトポリシー

 

「ネットに氾濫しているエッチな体験談を読みやすい形に編集する」、をコンセプトにしております。

 

お固いお話で恐縮ですが、全ての文章の著作権は各権利所有者様に帰属するもので、知的所有権等を侵害する意図はございません。

 

削除のご依頼に付きましては、大変お手数ですが問い合わせよりご連絡頂ければと思います。

 

もう一つ、お固いお話になっちゃいますが、全ての読み物はフィクションとして読んで頂くようにお願いします。

 

ときどき、疲れちゃって改行とかぐちゃぐちゃのまんま投稿しちゃう場合もありますけれど、温かい目で見守って頂けると嬉しいです。

 

私が出没したりします(汗)。

 

 

アフィリエイト